コラム

2021/09/28

活動紹介(小児部)

子どもの育ちを支えたい

「こども庁」の創設が 話題になっていますね。
子どもの育ちを支えたい、という思いで 子どもと関わる 言語聴覚士(ST)もいます。

小児領域のSTは、実は全国でも人数が少なく、かなりの 「レア キャラ」 といえます。

山陰でもまだまだ人数は少ないですが、医療機関や福祉施設などのSTが 
たくさんの子どもとご家族に寄り添い、日々向き合っています。

子どもの持つ課題は、
ことば(言語)やコミュニケーション、食べる機能、聴こえ、と様々なので、
鳥取、島根の県士会の小児部では
ST同士の情報交換や研修会の企画などを行い、研鑽に努めています。

今後、 
「こども庁」も含めて、全国的に子どもの支援が進むといいなと思いますし、

山陰地域において STが「レア」ではなく、
必要な時に支援を提供、発信できる存在になるよう活動していきたいと思います(^^)

鳥取県言語聴覚士会 小児部
森田 愛 (所属:ことばの発達支援センターにしまち幸朋苑

年別